男女

柔道整復師の求人状況|社会に貢献できるお仕事です

それぞれに長所があります

マッサージ

卒後研修制度の利用

柔道整復師は接骨院を開業する権利がありますし、接骨院では健康保険を使って治療ができます。このように健康保険を使って開業できるのは、医師と歯科医師を除くと柔道整復師だけです。このような特別な権利があるために、柔道整復師の資格を取得する人が増加するようになりました。ただし資格を取得しても、能力が十分ではありません。そこで柔道整復師の試験財団は、卒後研修制度を行うようになりました。このような柔道整復師の卒後研修は、指定された接骨院や医療機関で受けることが可能です。また指定された接骨院や医療機関は、公式に公開されていて求人も行っています。したがって柔道整復師は、卒後研修制度の指定の接骨院や医療機関の求人を利用すると良いのです。

指定の接骨院や医療機関

まず卒後研修制度の接骨院の求人を利用すると、接骨院の業務に必要なことを学ぶことができます。例えば骨折の治療は、医療機関でも行います。しかし接骨院で行う骨折の治療は、医療機関が行うものとは、少し内容が異なるのです。接骨院で骨折の治療を継続して行うためには、医師から同意を得て行う必要があります。そのため接骨院で骨折の治療を行うためには、医師との連携を重視することが大切です。これに対して卒後研修制度の医療機関の求人を利用すると、接骨院とは異なることを学べます。医療機関では、接骨院で行う怪我の治療だけではなくて、幅広い分野の治療を行うのです。このように卒後研修制度の指定の接骨院や医療機関の求人は、それぞれに長所があります。