シニア男性

柔道整復師の求人状況|社会に貢献できるお仕事です

整形外科での勤務

施術

リハビリテーションの施術を重視する整形外科が増えたことにより、柔道整復師の需要も増えつつあります。そのため、柔道整復師の方が働き先を探す際には、整形外科クリニックなどの情報を探してみるとよいでしょう。

Read More..

それぞれに長所があります

マッサージ

柔道整復師のメインの働き場所の一つが接骨院です。求人などから雇われとして入ることも出来ますし、最終的には自ら接骨院を開業することも可能です。資格取得後の研修を受ける場でもあるため、接骨院で働く柔道整復師は大勢いるのです。

Read More..

怪我の治療の技術を活かす

患者と整体師

スポーツと怪我は常に隣り合わせですが、その怪我の治療に一役買ってきたのが柔道整復師です。スポーツ人口が増え続けるに従って、柔道整復師の求人も増えています。また、柔道整復師資格を持つトレーナーなども増加しています。

Read More..

常に必要とされる資格

治療

保険治療が可能

柔道整復師の求人は常に多く、時期を問わず就職、転職がしやすい職業です。求人が多いのは整骨院や接骨院と呼ばれる治療院です。整形外科など病院での求人もあります。よく整体院という言葉も耳にしますが、基本的に勤務者の持っている資格に差があります。整体院では整体師が整体やもみほぐしを行いますが、整体師の資格は民間資格であるためそれぞれのスクールで資格取得に必要な期間も異なり、はっきりとした定義がありません。一方、整骨院や接骨院には必ず柔道整復師の有資格者がいなくてはいけません。特に自分で健康保険治療の請求を行うには柔道整復師の資格が必要です。健康保険を使うことができると、安価で適切な治療が受けられるため整骨院や接骨院は人気があります。

一般だけでなく管理職も

柔道整復師とは3年間の専門学校を卒業した後に国家試験を受けて取得できる国家資格です。昔はほねつぎとも呼ばれ、手術が必要ない場合の骨折や脱臼、打撲、捻挫などの治療を柔道整復術を用いて行います。自分で保険治療ができ、開業権もあるため、柔道整復師を目指す人は多くいます。求人には一般の柔道整復師としての勤務の他に院長などの管理職柔道整復師もあり、一般勤務の柔道整復師より高待遇である場合があります。特にグループで系列治療院を何店か経営している企業には新しい店舗の院長の求人が多くあります。他にも鍼灸師やあんま指圧マッサージと一緒に働く鍼灸接骨院や出張治療を行う施設も増えています。それぞれの治療院で勉強会があったり、自分が開業するときのサポートがあったり、福利厚生も違いますので、自分にマッチした働き方を探してみましょう。